ハカランダ指板に変えたら音は良くなるのか

投稿者:

結論はYES!です。

実際今回はウェンジから変更ですが、音は確実にハカランダの音になりました。

うねり、粘り、空気感がしっかりでています。

そしてハカランダにしか出せない音があります。私はこれからはハカランダ以外でプレイすることはないでしょう。

しかし、鳴りの悪いギターが良くなるということもなさそうです。根本的なギターの特徴は残したまま、うねりや空気感などの一部の箇所が変わったという感じでしょうか。

ショートケーキで例えると生クリームが違う所の生クリームに変わった感じ…

とにかく変わる。

ショップの方曰く、指板は弦に触れる、または近いパーツなので、音の変化は大きいとのことでした。

であれば、鳴りの良さげで、少しうねりや抜けが気になるギターは指板変更はありですね。

ただ、指板によって変わるので、一概に良いとは言えないとも思いますが、何か物足りないギターは是非指板交換検討されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに交換費用は13万円程度でした。それなりに良いギターにしか出来ない加工ですね。

なので、おすすめは50万クラスのギターでしょうか。

でも戻せないので、勇気はいりますね。

現在輸出入禁止のハカランダのギターを探すことは難しく、オークションを見ていても、あまりない。またはオールドの為、コンディションが悪いか、または高すぎるなど、手に入れることは難しいですね。

今回はショップのストック分で可能でしたが、今後はそれすらも無くなっていくことでしょう。

今の内に手に入れる。または加工しておくことをオススメします。

今回のハカランダはハカランダの中でも黒い方。まだ黒い物もありますが、ハカランダランクは高め。他の手持ちのハカランダと比べるとかなり黒いです。黒い分、硬く、音的には硬質な感じで抜けが良いハカランダですね。

とにかくハカランダサウンドが出せましたよ^_^

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です